2012年02月26日

音楽の効果

前回は絵本のお話をしました手(パー)


今回は音楽の効果についてメロディ


これも絵本と同じような効果を期待出来ますよねきらきら



それにプラスα、良い効果があるので、胎教音楽などといって、妊婦さんがモーツァルトを聞いたりしますよね顔1(うれしいカオ)


なにも、そんな聞き慣れないクラシックをわざわざ聞かなくても、好きな親しみやすい、リラックスできる音楽を聞くのが一番ですメロディ


…とはいっても、ハードロックをガンガンってのは、あんまりですよねあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)


ある程度のルールの中で、好きなものをチョイスすることをオススメします


一つは、テンポきらきら


お腹な中で胎児は常に、母親の鼓動を聞いています鳥これが一番聞き慣れたリズムであり、親しみやすく、受け入れやすいのです


なので、心臓の鼓動に近いテンポの曲を選びましょう


次に音域ですきらきら


一般的に胎児は高音に安心感を覚えるようですメロディ

生まれてからも、男の人の声より女の人の声に良い反応をしたりするのです


なので、オルゴールなんかが赤ちゃんのおもちゃにもよくありますよね顔1(うれしいカオ)



ビートの聞いたアップテンポな曲をさけ、自分のリラックスできる音楽をお腹の、あかちゃんと一緒に聞きましょうメロディ


できれば、その曲のオルゴール版なんかがよりオススメですよね光るハート


音楽には、リラックス効果があるので、胎内で聞かせていた音楽を出生後に聞かせると良い子守唄になるのですメロディ



それだけでなく、音楽は言葉の吸収を早くすると言われています手(パー)


なので、童謡や、子供向けの英語の歌なんかもおすすめですね顔1(うれしいカオ)きらきら




posted by ぴよママ at 17:39| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。