2012年03月07日

妖怪抱っこちゃん参上!

事例


あるお母さんは、赤ちゃんを泣かせておくのが罪悪感でした


どこへいっても、スキンシップが大切だとか、子供が望むだけだいてあげなさいとか言われるので、いい子を育てたい一心で抱っこしていました


おかげで赤ちゃんはほとんど泣きません


しかし、お母さんは疲れ果てました



赤ちゃんを泣かさない様に抱っこしているうちに、一日15時間も抱っこしていたのです




またあるお母さんは、甘え泣きをする赤ちゃんに抱き癖をつけない様に気をつけていましたが、義母が一ヶ月の滞在をしたことをきっかけにそれがだいなしになりました




泣くたびに抱きしめ、泣かない様にしたので、義母がいる間は泣かないいい子だったのですが、義母が帰ったあとは抱っこをしないと激昂するようになりました



またあるお母さんが育てている兄弟は、日夜お母さんの抱っこをめぐってバトルを繰り広げます


2人一緒に抱っこはお互いに許しません


一人づつ抱っこしないと納得しませんが、けんかをやめさせるためにそうすると、また新たな闘いが始まり、エンドレス…


放置すると、上の子が下の子をいじめるので目がはなせません





こんな妖怪抱っこちゃんは、急に参上するわけではないんですよ



生まれてから、どんなタイミングで抱っこしてきたのかが鍵を握っています



スキンシップや抱っこしてあげることは、とてもいいことです


赤ちゃんにとって、抱っこは最高の幸せですから、ご褒美みたいなものです



ご褒美は、どんなタイミングであげるのがベストですか?



泣いてぐずっていたり、激昂しているときにそれを抑えるためにご褒美をあげるお母さんの多いこと…



その時は、それでおさまりますが、根本的な解決にならないどころか、ご褒美をもらいたいが為に、さらにエスカレートすることまちがいなしです



ご褒美は、それにふさわしいタイミングであげることが大事です


機嫌よくしているとき、何かができるようになったとき、何かいいことをしたとき、思いっきり抱っこして遊んであげれば、赤ちゃんはきっとまた同じようにするでしょう


間違っても妖怪抱っこちゃんにはなりません



抱き癖をつけることはよくありません



ましてや、ないたりだだをこねての抱き癖は親をコントロールしています


聞き分けのいい子は天才児の第一歩です★










posted by ぴよママ at 23:20| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年03月06日

コントロールされないで

タイトルの通り、しつけにおいてまずは、赤ちゃんにコントロールされないように気をつけてください!


赤ちゃんは泣きます


おむつの時に

おっぱいの時に

体に異常がある時に



そして、かまって欲しい時にも。



お母さんはまず、いち早く赤ちゃんの泣き方で、これらを区別することをいち早く身につけて下さい



最初の三項目の場合はそのまま欲求を満たしてお世話をしてあげればいいのです


しかし、注意すべきは最後のかまって泣き



赤ちゃんはママの抱っこが大好きです


ぐずって泣くたびに、用事の手を止め、急いで駆けつけて抱っこしてあやす、こんなお母さん結構普通にいますよね


でもこれをしていると、少し大きくなると、赤ちゃんは泣けばお母さんが抱っこして遊んでくれると思ってよくなくようになり


更に抱っこが重くて苦痛になる歳になってもそれがなおりません


治らないどころか、鳴き方がエスカレートし、言うことを聞かせるのが大変です


赤ちゃんのうちにそうやって親をコントロールすることを覚えると、後々それを強制しなくてはならなくなります



新生児だからといって、泣けば抱っこなんてやめましょう





笑って楽しく過ごしている時こそ抱っこをして、逆にお母さんが赤ちゃんをコントロールします



機嫌よくしていれば抱っこしてもらえるとわかれば、赤ちゃんの方も無駄に泣かなくなります



甘えてないている時は、声を掛けたりするくらいで、抱っこをせがむようなら泣かせておいてもいいくらいです



よくなく赤ちゃんでも、母親の姿が見えないと泣き止む子もいるくらいですから、コントロールされないように気をつけましょう

アドセンスコード




posted by ぴよママ at 13:17| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年03月04日

生理的未熟児

牛の出産をテレビで見たことがあります


牛の赤ちゃんは、生まれてすぐに立ち上がろうとします


そして数時間後には普通に歩いたり食べたりできるのです!


馬とかもそうですよね、たいていの動物は野生で生きるに当たり、人間のような状態で生まれては生きてはいけないのです


それに比べて、歩き出すのに一年以上かかる人間の赤ちゃんは、みんな未熟児状態で生まれてきている様なものです



700年以上の昔、ローマの皇帝がこんな実験を行いました



生まれたての新生児を数人母親から引き離し、乳母に世話をさせました


世話といっても、授乳、風呂、オムツ替え、着替えなどの必要なことを十分行った上で、スキンシップ、語りかけ、微笑みかけなど文化的な育児をさせず、世話をする以外に接触しないようにしました


飼育という方が適した表現とも言えるこの子育て実験の結果は、全員がことばを話しだす前に死んでしまいました



トラの赤ちゃんなんかは、強く育てるために生まれた我が子を自らがけから突き落とすなんてきいたことがありますが、人間の赤ちゃんは未熟児であるので、絶対的に保護なしには生きられないのです


更に、人間は文化的ないきものであるがゆえ、物理的な世話だけ受けても人間として生きていけないのです



生まれてから、母親をはじめとす、周りの環境からの保護と刺激が、その赤ちゃんの今後をつくるということです



良い刺激を与える、これが母親の技量ですよ




具体的には…また次回





posted by ぴよママ at 23:59| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。