2012年03月04日

天才児とは?

皆さんは「天才児」と聞いてどんな子供を思い浮かべますか??


キッズタレントや、バイリンガルな子供ですか??スポーツ万能の子供ですか?


また、どんな子供になって欲しいと思っていますか??



私は思うんですが、自分の子供を本気で天才児にしようとしている親はほとんどいないと思います


「いい子に育って欲しい」
「優しい子になってほしい」
「良い大学、良い企業に入ってほしい」

そんな感じで、平均より少し上であってほしいくらいに考えている人がほとんどでは無いでしょうか?



だから周りの親子が気になります



なんでも自分の子よりもできる他人の子に焦りを感じます


周りが早期教育、体操教室、英語教室なんかに行き出すと、遅れを取らないようにと自分もしなくてはいけないような強迫観念に駆られます




そして、子供の創造力や自主性を尊重するといって、なんでも与えて、怒らずに育てる



そんな親子が多いのでは無いでしょうか?



その結果、三歳を過ぎて自己主張や意思がはっきりしてくると、モンスターのように聞きわけもなく、親の手をわずらわすワガママパワフルキッズとかしていくのです


「どこで育て方をまちがったんだろう?」


と後悔しても、根本的に初めからまちがっているというパターン



このようなことが私の読む本の多くに書かれています



よく考えて下さい



ピカソの絵



芸術に詳しくない私にはよく理解が出来ないし、落書きにさえ見えます


でも彼は「天才」と呼ばれています


彼は、初めからあんな画風だったわけではなく、写生がとても上手な方だった様です


基礎がしっかり出来た上で、独自の画法や世界観を生み出したのです




イチロー選手を思い浮かべて下さい



彼は野球を始めたその日から試合に出てヒットを量産したと思いますか?


おそらく他の野球少年と同じで、走り込みや球拾いといったまずはバットを持つ以前のところからスタートしているはずです


バットを持っても、いきなり飛んでくるボールが打てたでしょうか?


多くの野球少年と同じ様に、沢山ね豆をてにつくってはつぶしを繰り返し素振りをしたんではないでしょうか?



基礎体力、筋力、キレイなフォーム…といった土台をしっかりと鍛えた結果が、今日の野球スターとしての活躍を支えているのではないでしょうか?


プロゴルファーだって、歌手だって、どんな分野で活躍している人だって、私たちが目にしている華やかな部分は、その人のほんの一部でしか無く、それを支える基礎がその人の大部分をしめているのではないでしょうか?




子供がカラフルなブロックを独創的に積み上げているとします


それがクッションの上ではすぐにくずれるか、平たく並べるのが精いっぱいのはず


しかし、硬くて広いまっすぐな床の上なら、大きくも、高くも、複雑にも積み上げられると思いませんか?



なので、まずは人間として生きていく基礎をしっかりと築いてあげましょう



どうしても早期教育がしたいなら、それだけを重視するのでは無く、並行して社会生活を送るための土台作りにも重きをおいてください



規則正しい生活を送る、自立心を持つ、マナーを守る、善悪を区別する、他人を思いやる…



この様なことが出来た上に、本人の意思や好奇心、創造力を尊重があれば理想的ではないでしょうか?


しつけと、教育と、本人の意思の尊重のバランスが大事ですよね



まず、人並みにと考えるならなおさら「しつけ」を重んじては?


じっと座って先生の言うことを素直に聞けない子供が、勉強好きにはなれないとおもいますよ??



続く…







posted by ぴよママ at 12:58| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年03月03日

とつきとうかの重要性

妊婦をしていると、時々すごく嫌気がさすことがあります(^_^;)


嫌気というと不謹慎かもしれないけど…



つわりでずっと胸やけや嘔吐をしたり、体がほてってだるかったり、寝ても寝ても眠かったり、やたらといき苦しくなったり、便秘をしたかと思えば下痢になったり…



妊婦していないときよりはるかに体の自由がきかないうえに、薬が飲めない



体調が良くて、少し外出したら、次の日から何日か寝込むと言うことはざら…



私は味覚がおかしくなって、作った料理を味見して腐ってると思い捨ててしまったこともあるくらい


自分の体であって、自分の体ではないもの…


こんな妊娠期間がとつきとうかも!!と考えると、早く赤ちゃんた会いたくてたまらなくなる


でもどうして、人間はとつきとうかも身ごもっているんだろう?と考えました



全てのことにはちゃんと意味があると思うのです






妊娠してから、町で見かける親子や友達の子育てなんかにすごく目が行く様になりました


子育てをしたことが無いのにこんなこと言うのは失礼ですが、明らかに親として不適合というか自覚がなさすぎるなと思ってしまうことも多々あります



赤ちゃんが出来た、生まれたからといってみんな自動的に母親になるわけじゃないのです


自覚と学習の期間がとつきとうかなのだと思います



小学校が六年、中学校が三年、高校が三年、と決まっている様に、妊娠期間つまり母親養成講座の期間はだいたいとつきとうかと決まっているのです


妊婦なうえに上の子もいる前でタバコを吸ったり、子供の前でするべきで無い話をしたり、しつけとは違う怒り方をしたり…



とつきとうかも共に過ごして、出産をしてもちゃんと母親が出来ていない人だっているのですから、もし妊娠してから三ヶ月とかで出産だったら世界はえらいことです




自覚は大切です



母親と父親では親になる自覚に時差があるようですが、あまりに呑気な旦那を見て「この人本当にパパになれるのかな?」と不安になります



そう言う私も、ほんの四ヶ月前までは同じような気楽で呑気で不摂生な生活をしていました



育児書から、教育、心理学などの本を図書館で山のように借りて勉強し、食事には注意を払い、夜にはおなかに向って本を読んだり、童謡を歌ったり、適度な運動をしたり、そんなことをしはじめたのは、ついこの一ヶ月くらいの出来事です


それでも、妊娠前からの妊婦には良くない遊びがやめられず、これで最後にするぞと決めたのはつい先週の日曜日のこと…



妊娠したからといって、すぐに自覚が生まれて、生活を変えられるほど、人はロボットのようにスイッチが、あるわけでは無いから、この長い準備期間が必要なんだと思いました




それでも少しずつ、少しずつ、体と心はちゃんと母親になろうと成長しています



テレビを見ていて、子供のネタになると今まで感動もしなかった内容で心が動かされて泣いたりします、涙腺が壊れたのかと思うくらい



先日、フラワーズという映画を見て大号泣するわたしをみて、大爆笑する旦那というなんとも滑稽なことがありましたが、少し遅れてきっと旦那にもこの気持ちがわかるだろうなと思います



だって、数ヶ月前の私がこの映画を見ても、きっとどこにも泣く要素を見つけられなかったと思うのです



神様はちゃんと意味があって、人間にこの苦しいけれど、幸せなとつきとうかをお与えになったのだとしみじみ思いました



次回からは、新生児の教育について私が勉強したことをお伝えしたいと思います








posted by ぴよママ at 23:36| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年03月02日

心を育てるのが最優先

最近、少し古い乳幼児教育の本を読みました


2002年に出版されたものです



やっぱり時代遅れ感が否めなかったですよぬ(^_^;)


胎児や新生児に何を教えても無駄的な内容にはがっかりしましたが、時代を越えて共通している部分も発見しました


それは「心の教育」ですよね


その本には、あれこれと勉強を詰め込むのは全く意味の無いことで、豊かな心を育てることに重点を置くべきだと書いてあるのです



それには賛成できる部分も多くあるとおもいます


教育にも、順序と適切な時期があるのだと私は思います☆


例えば、語学の様なものは、意味が分からなくてもとにかく耳を慣らして母国語の様に習得させたいのであれば、胎児の頃からいつもその語学が身近にある環境を作ることが大切だと思います


それは、英語圏で育てば英語を話すし、中国語圏で育てば中国語を話す様に、環境の影響があまりに大きいからです


しかし、計算や漢字や国名など、知識的な物を胎児期から教え込むのは、時期尚早ではないでしょうか?


ただ知識をたくさん詰め込んでも、柔らかい赤ちゃんの脳は覚えるかも知れませんが、意味があるのかは疑問です


大人が勝手に教えていて、本人は興味がないかもしれないのです


それなら、胎児期や新生児のうちから、いろいろな遊びをして、いろいろなものを見せて、興味や好奇心を刺激することや、ママやパパと遊ぶとたのしいんだということ、心を豊かにするように育てる方が先ではないかと思います



最近では、天才キッズとかいって、電車の名前や、世界の国や首都の名前をたくさん暗記している子供なんかがテレビに出ていたりしますが、妙に大人びた話し方をしていたり、無表情だったり、なんだか可愛げがないなと思ってしまうことがあります



沢山の知識人が頭に詰まっていても、喜怒哀楽の表現ができなかったり、周りの人とうまく接することが出来なければ、意味が無い気がします



喜怒哀楽の表現が出来たり、自分の意見がはっきり言えたり、周りの人との協調性や、自分より弱いものを守ろうとする優しさや、ルールを守ることなど、人として生きる為に大切な心の基盤が出来た上で、興味があることを自分の意思で探求させていけばいいと思います



では、心の教育とはどうしたらいいのでしょうか?


絵本の重要性は以前にも書きましたが、絵本は本当に優れたツールのようですね


物語を通していろんな場面や気持ちの擬似体験をします


言葉の教育の為には同じ本を何度も読むのがいいようですが、心の教育の為には沢山の種類の物語に触れさせてあげるのがいいと思います



あとは、語りかけ


お腹に話しかけても反応はわかりませんし、新生児も返事が出来ません


だからといってわかっていないわけではないのです


相手はお人形ではなく、生きている人間なのですから、根気強く話しかけ続けましょう


表情豊かに、赤ちゃんにわかりやすい様に



赤ちゃんが、自分に話しかけてくれていると分かる程度で十分です





posted by ぴよママ at 13:37| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。