2012年02月22日

体のサインは赤ちゃんからのSOS

妊婦の皆さん無理をしていませんか??



眠たくなったら寝る

はきたくなったら吐く

食べたいものを食べる

疲れたら休憩する…



当たり前のようで、なかなか実践しがたいですよね(^_^;)


体が出してるサインは、特に妊娠中は赤ちゃんからのSOSなのでみ逃さないでいただきたいです



今日私は、診察のついでに、同じ病院に入院している友達のお見舞いにいってきました



友人は七カ月目まで仕事をしていました

妊娠した時は気がつかず、ただの体調不良と思って多少無理をして過ごしていたそうです

妊娠が発覚したのは四カ月の時、ちょうど、今の私の時だと考えると、今までつわりを体調不良と思って働いていたなんて、相当無理をしていたんじゃないかと思いました!

彼女は結婚していなかったので、その後にバタバタと結婚式やら引越しやらと大忙し…



ずっと実家に住んでいたので、なれない家事や、諸々の手続きや…


やっと落ち着いた八カ月目で、突然の陣痛に緊急入院


危うく早産でした


早産はなんとかまぬがれましたが、今は点滴に繋がれ絶対安静の状態です…



赤ちゃんからのサインをずっとずっと無視し続けた結果、ママに少しは休んでほしかった赤ちゃんは強行手段にでたんではないでしょうか?

「こうでもしなきゃ、うちのママは休んでくれないんだ」とでも言ってるようですね(^_^;)



つわりや体調不良は、大切な赤ちゃんからのサインなのです


無理をする事で、赤ちゃんは自分の存在を軽んじられたり、無視されたような悲しい気持ちになるのではないでしょうか?



妊娠を望まなかった妊婦の早産の確率が高いのも納得できます



赤ちゃんからのSOS、みのがさないでくださいね


posted by ぴよママ at 17:20| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

食べ物のお話

昨日ぴよママは胎児と授乳期の食育セミナーに参加して来ましたよ(^O^)/


管理栄養士の先生から様々なお話をみっちり三時間聴いて来ました☆



天才児を育てる以前に、生まれてくる子供が健康であるのは必須条件ですよね(^。^)



三時間のお話をつらつら書いてもしょうがないので、私が大事だと思った何点か紹介しますね(^ー^)ノ


まずはじめに…赤ちゃんはお母さんの食べたものによって外の世界を判断し、生まれた世界で生きられるように体の細胞にインプットするようです!


なので、お母さんが偏食や小食だと、赤ちゃんはその偏った栄養素や、少しの量の栄養素で生きられる様にプログラムされていしまうので、生まれてから、他の人と同じように食事をしても太りやすくなってしまうのです(^_^;)


太りやすくなるくらいならまだましですが、子供の頃から生活習慣病になったり、様々な弊害がでるようです



バランスの良い食事をとることは、子供の生涯を支える基礎となるわけですから、マタニティママの義務ですよね(^。^)


あとは、授乳期の食育ですね。


これも胎児とほとんど同じで、食べたものがそのまま母乳になるわけですから、ここで子供の好き嫌いがきまるそうです


なんでもバランスよく沢山食べることがママの責任なんですよ


食は人生でとても大きなウェイトをしめてますから、あなどるなかれです


posted by ぴよママ at 14:57| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年02月20日

赤ちゃんはどうやって言葉を覚えるの?

こんにちわ手(パー)きらきら


「赤ちゃんは生まれた時はみんな天才」
これは私が胎児教育を熱心に勉強しはじめたきっかけの言葉ですメロディ


よく、胎教音楽にモーツァルトがいいとかいうように、胎児は外の音がちゃんと聞こえてるんですよきらきらきらきら


それまでにも、ホルモンをとおしてママの気持ちを察知したり、胎内に伝わる振動でママの声を聞いているようですが、五ヶ月ごろには聴覚が発達して、お腹の外の音が聞こえるようです鳥


赤ちゃんは生まれてから、そして生まれる前に聞いた言語を記憶して言葉を覚えているのです手(パー)


話し始めるのはずっと後ですが、その言葉をその言語で理解するのは、周りの環境によるもので、決して人種による遺伝ではありません!!!


だから、胎児と新生児は、日本語、英語、中国語、フランス語、…どんな言葉でも聞き分けられる天才なのですきらきらきらきらきらきら


ただし、成長の過程でいらない能力は退化し、必要な能力が進化するので、日本語圏で育てば、日本語を話すようになるし、英語圏で育てば英語を話すようになるというメカニズムですきらきら


胎児期から乳幼児期は一番言語を覚えるのに適した時期なので、バイリンガルの天才児を育てたいママさんは、この時期にたくさんの言語にふれさせるのがポイントですメロディ



私の母は、アメリカに留学して居たので、私を妊娠中や子育て中に、英語の歌を口ずさんだり、アメリカの友達に英語で手紙を書いたりしていたようです


そのおかげか、昔から私は英語のリスニングが得意でした鳥

特に勉強を熱心にしたわけではないので、文法や読解、英作文はできませんが、TOEICテストのリスニング部門は九割の正解率です(文法がダメなのでトータルはイマイチですが笑)


今だに洋画もあまり字幕を追わなくても楽に内容を理解できますし、洋楽もすっと入ってきて歌えます手(パー)


何より発音がネイティブに近いことをずっと褒められてきました手(パー)メロディ


たいして勉強はしていないので、語彙力は中学生レベルですが、発音がいいので、海外旅行で簡単な会話をさらっとするので、「英語が話せる人」というレッテルを貼られてこんにちに至ります鳥


この話でわかってもらえる様に、私のペーパーテストでの英語力は皆さんと変わらないはずです!


this is a pen とか nice to meet you


とか程度ですよ、本当にあせあせ(飛び散る汗)



ただ、生まれる前と生まれた後すぐに、英語を聴く能力と話す能力を刺激されたおかげで、生まれた時からもっている才能を今でも退化せずにもっているという仕組みです顔1(うれしいカオ)


自分でもっと積極的に勉強していれば、バイリンガルにもなれたかもしれないですね手(パー)



余談ですが、母親がなまっていると赤ちゃんもなまりのあることばを話すみたいです手(パー)方言も、外国語も赤ちゃんからしたら覚えるのは同じことなんですね手(パー)


ちなみに、私は大学で中国語を熱心に勉強して居ましたので、当時のテストの成績は優でしたが、リスニングどころか、今はもう忘れ去って身にはなってないですよあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)


私も四ヶ月になったばかりですが、そろそろ英語の教育をと思って、幼児用の音楽を聴いたり、お風呂で英語でカウントしたりしてます鳥ハート


フランス語、ドイツ語などの音楽もきかせようかなとも思っています顔1(うれしいカオ)耳だけでも作ってあげたら、後々楽に学べる様になるとかくしんしているからです


posted by ぴよママ at 12:01| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。